五大の人生日記

日々感じたことや、思いついたこと、思い出などを
書き綴っていきます。

東京の現実

最近、仕事と買い物以外、どこにも出かける気がしない。


しかし、それを暑さのせいにするのは言い訳だ。


本当は暑さのせいではない。10代の頃、いくら暑くても出かけていた
ではないか。今日だっていっぱい若者が遊びに行こうと電車に乗っていた。


歳をとって億劫になってしまったせいなのだ。


東京は若者の街。10代で、大学や専門学校に行くために上京するのが
一番良かった。


25歳ぐらいでも遅い。30代以上なんて東京から撤退する年齢だと
思っている。結婚して地方にUターンしたり、郊外に移住する人が
多くなる。


東京でカッコをつけたり、田舎者を馬鹿にしたり。10代なら面白いけど
今はまったく興味なし。ある程度の年齢になると
東京の人ゴミが負担になるだけで、逃げたい気分のほうが強くなる。


仕事をすぐやめる、すぐ変えてしまうのは学歴とか経歴、性格に
問題がある人の特徴だと気づいた。次もその次もまともな仕事が
巡ってこず、転職を繰り返す。悪循環。


いつか当たりが出ると思い、仕事をコロコロ変えるわけだが
いつまでたっても当たりは出ない。


数打ちゃ当たるの問題ではないから。


世の中は自分が思ってる以上に保守的だったのだ
戦争に負け、アメリカ様に押し付けられた自由だから
アメリカンドリームなどは無い。それに気づかなくてはならない。


仕事なんて新卒で、正社員になり、そのまま定年まで変えない人
なんて山ほどいる。そっちが普通。


しかし、自分に高度なスペック(学歴職歴)がない場合、
適当な非正規で我慢すると、安定はするが、
超低空飛行がえんえんと続く


どこに住もうが、車持ってて、ちゃんとした仕事持ってて
家持ってて、金持ってる奴が勝ちなのだ。


地方から上京して、東京の現実を知ってすぐに故郷に
Uターンした人達をたくさん見てきた 別に彼らは負けた
わけではない。賢明な選択をしただけだ。


親と帰れる故郷があるだけ恵まれている人達なのだ




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。