五大の人生日記

日々感じたことや、思いついたこと、思い出などを
書き綴っていきます。

超短期バイトの思い出 4

20代の時、治験バイトというのをやろうとした
ことがあります。要するに新薬の実験台(人間モルモット)
です。


西日本最大級の都市E市での出来事です。
すでに大学を中退し、賄い付きの寮生活の仕事をやめ、
アパートに引越ししたぐらいの時でしたっけ。


いろいろお金がかかるのが予想され、金銭的な不安が
大きくなっていました。


当時ネットなんてありませんから、
友達のコネで、この「闇バイト」に手を出そうと
したのです。


宿泊が必要ですが、自由になる時間が多く、
食事も出て、短期間で何十万円ももらえるバイトです。


その友達のことは過去に記述済ですが、大食いの
ナースの彼女がいる男です。こういう医療業界に詳しかったのです。


その友達は「安全だ」と繰り返し主張していました。
薬の実験台と言われても、動物実験で安全性は確認されており、
人間でもほぼ行けると踏んでいる薬だからです。


※しかし、病気ではないのに異質な病気の治療薬を飲むわけですから
どんな副作用があるかはわかりません。歳をとってから出てくる可能性もあります。

高い報酬にはその未知数の危険性に対する「迷惑料」が含まれているのです。


それで病院みたいな所へ検査に行きました。
検査結果次第で採用だったのですが、落っこちてしまいました。


ビリルビンが高いといわれました。ビリルビンとは
肝臓の機能を示す数値なんですが


当時、お酒もタバコも普通にやってましたから高くても
不思議ではなかったのです。


それと子供の頃からの持病がありました。当時クヨクヨ悩んで
ストレスがたまりやすいタイプでした。全体的に数値が
良くなかったです。


しかし、検査に行くだけで、謝礼が出ました(いくらだったかは
覚えていませんが、1万円もありませんでした。大した額では
なかったです) ※当時はバブル期なので1万円でもはした金です。


完全に健康でないとなかなかできないバイトではあります。


今では落ちてよかったと思っています。


これと同時期、ここでも書いたように、交通量調査なんかも
やってました。人間関係に自信がないので、楽な短期バイトに逃げて
しまっていました。


こういうバイトは一時的にお金が良くても、安定性がまるでありません。
歳をとってもできるでしょうか?病気したら一発でできなくなります。


そうすれば、短期のこういう仕事は、経験になりませんから、
次へのステップが踏めません。


短期バイトをして、後は無職で働かず、お金がなくなってきたら、また
短期バイトをする。これの繰り返しになります。


一時的に大金に喜んでも、それは地獄への一里塚なのです。


どんなに安かろうが、安定的に収入が入ってくること、将来につながる
こと、歳をとっても、身体が衰えても働けること、これが重要です。


それに気づいて、私はある時、短期バイトをすっぱりやめ、
正社員就職へと方向転換していきます(続く?)











×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。