五大の人生日記

日々感じたことや、思いついたこと、思い出などを
書き綴っていきます。

かわいそうな私

私はこの歳にもなって車を持っていません。
大人の男として一人前とは言えません。


おまけに駅から遠い辺鄙(へんぴ)な所に住んでいます。


(私の定義  近い・・駅から徒歩4分以内
       普通・・駅から徒歩5分~9分
       遠い・・駅から徒歩10分以上)


私の住んでる鉄道の最寄り駅 a 駅は1時間に12~3本ぐらいしか
電車が来ません。朝でも15~6本ぐらいでしょうか。
(何だこれ?少ねえなあ! なめてんのか(怒))と思える本数です。


バス停留所は自宅から徒歩10分以内に5つぐらいしか
ありません。


最寄り駅 a 駅に行くバスは1時間に1本ぐらいしかない
不便さです。しかも、遠回りして a 駅に向かうので、
(これなら歩いたほうが早い)という感じで利用していません。


b 駅へは一時間に2本、c 駅へは一時間に3本、
d 駅へは一時間に4本、e 駅へは一時間に1本ぐらいしか
出ていません。


職場も、医療機関も、買い物もすべて鉄道の駅から歩ける所
で済ませております。バスや車で行かなくてはならないような
ところはありません。遠い所を選びたくでも選べないのです。

自分の可能性を縮めてしまってますよね。


駅前の店などは、駐車場なんて付設していません。
そんなところに車で行くと、渋滞する上、
コインパーキングを探して余計な金と労力がかかって
しまいます。


車庫代、車検も保険代やガソリン代も大変です。


ボンビーにはとても、とても、手が出ません。


私の半生は自家用車を利用した生活はしてこなかったのです。


D市とかE市のように田舎臭い政令指定都市でも
電車バスを利用して車無しでやってきたのです。車の免許を
とれる年齢ではなかったですが、C市B市A市も同様でした。。


大体、ぼっちで、キングボンビーで、人見知り、消極的の
私が出かけて行く場所なんて多岐にわたるわけもなく、
昔から決まっているのです。


だからうまく工夫すれば地方でも車無しで
生活することは可能なのです。


ぼっちじゃない人、親戚、友達、恋人がいる人、
人付き合いが活発な人だから、車乗りたがるのです。


互いに、ターミナル駅とか繁華街で会えば
車無しでもやっていけるでしょうが
(夜、お酒を飲んでも平気です)


大半の人にとって、そういうのは面倒くさいのです。
それにドライブを楽しみにする人も実に多いのです。


車無しで生きていく人にとっての必需品は自転車でしょうか。
これさえあれば買い物が楽になりますし、疲れた時、
炎天下や寒い時でも苦痛が短縮されます。


車には到底かないませんがね。


最近、電車がけっこう大変になってきました。

人がとても多いのです。老人、子供、外人が目立ちます。
たぶん、ほとんどは車を当たり前のように所有している金持ち世帯の
人達のはずです。なのに、なぜ電車に乗るのでしょう。


理由は簡単。スマホやりたいからです。もちろんスマホやる人は
車を運転しながらでもやりますけどね。そこまで
根性がない連中が電車に乗るということなのでしょう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。