五大の人生日記

日々感じたことや、思いついたこと、思い出などを
書き綴っていきます。

不注意

今宵は傘を持たずに帰ってきました。


ああ、東京は夕方から雨が上がったから
職場に忘れてきたのでしょう・・と思った方がいらっしゃるか
かもしれません。


違います。
私は今朝、いつもの黒っぽい柄の傘を持って出勤したと
ばかり思っていたのでいたのですが、


実は白っぽい柄の傘でした。


帰りに職場の傘立てに黒い柄の傘を探したのですが、無いので
誰かが間違って持って帰ったと思い、手ぶらで帰ったの
でした。


実は白い柄の傘は職場の傘立てにちゃんとあったのです。
帰宅したら、自宅に黒い柄の傘があるので気づいたのです。


何と言う不注意!今朝は気分もイマイチで、慌しい状態でした。


しかし、こんなに注意力が欠落したのは初めてです。


1人暮らしや、単独行人生に注意力は絶対に必要です。


朝出勤して、何か忘れたけど、奥さんが気づいて駅やバス停まで
追いかけてきて届けてくれる・・・そんなのありえません。


道を歩いていて、前にある穴に気づかなくてはなりません。
片足が穴に入りかけたら、すかさず足を抜いて脱出して、元の道に戻ります。
いったん深い穴に入ってしまうとなかなか出られないからです。


以前、単独行専門のアマチュア登山家がいました。携帯や無線機を持つのも
嫌がり、あいまいな登山計画しか周囲に伝えていませんでした。


ある程度の実績があるので、本人は絶対に大丈夫と、タカをくくっていた
のですが、ある日、冬山で、予想外の厳しい天候になりました。


なかなか下山しないので、周囲は遭難の可能性を考えたのですが、
救助隊はどこを探していいのかわからず、結局、そのままお亡くなりに
なったと思われます(ご遺体は発見されず)。


誰かが一緒だったり、無線で連絡をとれれば、亡くなるほどのことは
なかったかもしれません。


独りというのは、常にこういう危険性を考慮しておかなくては
いけません。独りで生きるというのは、いろんな意味で金や
手間暇かかるし、危険性も増すのです。


注意力は一朝一夕に鍛えられるものではありませんが、
今回の不注意は真摯に受け止めたいと猛省しています。












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。