五大の人生日記

日々感じたことや、思いついたこと、思い出などを
書き綴っていきます。

ミーハーでは治らない病気

花粉症が長引き、顔の赤みや炎症がとれなくなってしまった。

どっから見ても重症アトピー顔。


こうなったきっかけは市販の塗り薬を使ったせいだ。

この市販薬は出てから1年も経っていない新薬である。

ネット上の評判もすこぶるいいので購入した。


かゆみはひいたが、なぜか、使用後、妙に乾燥してくる。

肌の弱い私は乾燥するとバリア機能が破壊されて良くない。


そのうち、かゆみ赤みも引かなくなり、薬を塗れば塗るほど

どんどん悪化するようになってしまった。


とにかく右往左往した、皮膚科にも行ったし、内服薬や

食事にもこだわった。


結局、自分なりにいろいろ試し、軟膏AとBを混ぜ合わせ、

軟膏を自作してしまった。作った軟膏は100均で買った

軟膏ケースに入れてある。


この自作軟膏と、医者で特別に調合してもらったミックス軟膏を

昼と夜で使い分け(この服用法も自分のオリジナル)

やっと落ち着きはじめた。ぱっと見なら健常人の顔だ。


まだ油断できるわけではないが、今の状態だと十中八九、このまま

改善していくと思う。


結局、新薬だろうが、評判良かろうが、それは多数決の意見にすぎず、

特殊な状態にいる特異体質の人にとっては何の関係もない。


自作した軟膏は昔からある薬で間にあった。未知数の新薬より、

薬効が確実な古い薬を使ったほうがいいのだ。


(こういうオリジナルな服用法や薬を自作するのは、自分の経験を

元にしている。医者は教科書どおりのことしかしなくて

そのとおりにすると効きが悪かったことも経験済み。)


私としたことが、新しいものに飛びついてしまい、

まったく浅はかだった。ミーハーでは病気は治らない。

私の場合特に。


こんなオリジナルのやり方で、他にも病気を治したことがある。

私は病気を治したいという強い意思があるからな。本気印さ。


ほとんどの人は医者まかせ、他人まかせ、世間まかせなんだろうけど。











×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。