五大の人生日記

日々感じたことや、思いついたこと、思い出などを
書き綴っていきます。

ノスタルジア~印象に残る光景

かつて住んだ街で印象に残る光景を集めてみました。


A市(北日本):夏の虹


小学校のある夏の日、激しい雨が降ったのだが、下校の時には上がっていた。

街路樹が青々と茂る通学路をひとりで帰っていると、

樹木(たぶんニレの木)の間から虹が見えた。灰色の雲と青空と太陽と

緑、そして虹。このコントラストの美しさは一生忘れないものとなった。


B市(西日本):秋のぶどう畑


家の近所にぶどう畑があった。農薬か、ぶどうの匂いか、独特のにおいが

あった。秋になると畑に入ってぶどう狩りができるのであった。マスカット

とかいろんな品種のぶどうがあったと思う。またブドウ畑の近所にいちじく畑

もあった。これも独特の匂いがした。B市はなぜか匂いの印象が強かった。


C市(西日本):春の海


C市は何と言っても海。波も穏やかで、春の日差しに輝く海が印象的だった。

遠くを船が行き交い、堤防なんかには釣りをしながら食パンを食べたのか、

ジャムの空き容器が転がっていたのが印象的だった。山の方に行くと、花が

咲き乱れ、蝶が飛び交い、草のにおいでムンムンしていた。


D市(西日本):冬の山々


市街地から、郊外の山々が雪化粧し、白く光ってる風景を何度か見た。

また日本海側?から雪雲がちぎれ飛んできて、にわか雪を降らせるのであった。

街の灯も東京などに比べるとおとなしめ。それが冬のもの寂しさ

を一層引き立てるのであった。D市は冬とコタツが似合うように思う。


E市(西日本):秋、木々がかすれる音


郊外の大きな公園によく行った。夕暮れ、公園の入り口からどんどん奥に

入っていくと、竹林や雑木林のような場所に出た。周りに人は誰もいない。

もう、風の音とサワサワと木々のかすれる音しかしない。それが当時

悩んでいた私にとって印象に残り、癒しにもなったのである。


東京は?うーん、イマイチなんだよな。

住まなくなってから印象に残ったものがわかるのかもしれないし、

歳とってしまうと感性が鈍りダメなのかもしれない。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。