五大の人生漂流記

日々感じたことや、思いついたこと、思い出などを
書き綴っていきます。

3.20に思う

あさま山荘事件を知らない私は、地下鉄サリン事件が人生で

最もデカイ犯罪事件ではないかと思う。連日テレビで報道されていたり、

すごくデカイ見出しの新聞記事を見たのははじめてだった。


ただ、オウム真理教はもともとバブルぐらいの頃から存在していて

その頃から「いかがわしい宗教」というイメージは強かった。


私はほとんど興味なかったのだが、坂本弁護士一家失踪事件とか、

衆院選などで、かなり話題を呼んだのである。


本屋に行っても 真理の御魂・最聖・麻原彰晃尊師(正式名)の写真表紙の本が

精神世界本コーナーを我が物顔で占領するように置かれていた。手にとって読んで

みたことがあったが、全然心に響かんわけで、読み進むことができなかった。


さて、この事件後、オウムをとりあげて、こんなのは宗教じゃない、うちの

ほうがマシだと言わんばかりのスピリチュアル本、宗教本がたくさん出てきた。

先日もそういう本を本屋で立ち読みしていたのであるが。


私に言わすと(お前らも似たりよったり同じ穴のムジナだろー)と突っ込みたく

なるわけである。


マスコミとかでも江川ナントカという女性ジャーナリストとか

ゴーマニズム宣言の作者とか、批判ばっかりしながらも結局、恩恵を受けてる

人物が目立ったのである。


インチキ宗教を題材にした漫画が(名前忘れた)事件前も、事件後も存在した。

教祖の顔がどことなくソンシに似ているように描かれていた。あの風貌から、

いかがわしい宗教の象徴的存在になり、多くの人に利益を与えてきたのである。


すでにこの事件の2年ぐらい前に アメリカで、デビッド・コレシュ

率いるブランチ・ダビディアンという教団が1年分の食料を備蓄して篭城、

武装してFBIと銃撃戦をしている(教団本部は炎上)。


日本では統一教会が活発な活動をしており、テレビは宜保愛子さんが

よく登場。サイババ、アガスティアの葉などがブームになっており、

オカルトを助長する雰囲気は十分にあった。


しかし、私はこういうのとは異質な本を読んでいた。


だから、この当時、オウムにも心底興味がなく、

どのチャンネルも上祐や村井が出てくるので、うっとうしいと思っていた。


謹んで被害に遭われた方のご冥福をお祈りします。








逃げた人間の末路

逃げた人間の末路

私が上京したのはかなり強引な展開だったね。

仕事をやめると同時に上京して、すぐむこうで仕事を見つけて、働きはじめる

という計画だった(そう計画通りにはいかない)。


仕事をやめたのは仕事が面白くない上、人間関係が最悪だったからだ。

要は逃げたかった。


そしてこの逃げたいがために上京するとか、逃げることが目的の行為

というのは私の経験上、ハッピーな展開になったことはないね。


逃げる以外に、東京で何をやりたいかほとんど考えていなかったわけだ。

とにかく東京に行きゃいいんだ、みたいな。


もちろん名目上は、大学を中退しているから、東京で大学に入り直すんだ、

という目的があったわけだ。それで、親もとりあえず説得したつもりさ。


しかし、親は上京は反対していたから、学費は出せないと言っていた。

っていうか、そんな金どこにもなかったよ。


普通に子供を私大に行かせるだけでも大変なんだから。そこを自分勝手に

中退しておいて、またお金を出してくれなんて言える身分じゃなかった。

自分で稼ぎ出すつもりだった。


といっても東京に引っ越すだけで所持金なんてほとんどなくなってしまって

いたから。そこから地獄の激貧生活がはじまってしまうのさ


生活するだけで手一杯なのに、どうやったらそんな学費出せるんだよ。

高校卒業時、親でさえ、息子を東京の私大に行かせて下宿生活させるのは

嫌がってたぐらいなんだ。


その頃は、けっこういい歳になってたし、大学に入り直すのは

受験勉強して入試受けないといけなかった。その段階でまたまたお金が

かかってしまう。


家賃の支払いも常習的に遅れていたぐらいなんだよ。大家さんに嫌味

言われたもんだ。で、そこの部分を改善するのが精一杯。


おまけにバブルは崩壊して、正社員でちゃんとした仕事につくのが難しくなって

いたからなあ。以前借りた借金(奨学金)を返せと言ってくるし。


それで、結局、無試験で入学できる通信教育の大学生になった。借金の

返済予定のお金を入学金・学費に入れてしまったのだ。

またもや逃げたことになる。


が、この頃は、さすがに役に立たない学校の勉強にもはや興味が

持てなくなっていたわけ。


それで、やっと逃げずに借金返そうと思い立って、再度中退。


逃げて逃げて逃げまくった結果がこれだから・・・。


今思えば

本当に上京したければ、地元で、自分のできること、コツコツやっていれば

いいと思うよ。たまに東京に出かけるとか、東京の情報を仕入れるとか

東京の人との出会いを大切にするとか、関連付けの努力は必要だけどね。


そうすると、いろんな縁が積み重なって、自然に導かれて東京に住むこと

になると思うよ。東京が呼んでくれるのさ。東京はどこにも逃げないのだから。


こういうやり方のほうがハッピーになりやすいからいいと思うね。


















健康について

私は食事に気をつかわず、ほうっておくと当たり前のように

胃が不調になるので、ピロリ菌を飼ってる可能性が大だ。

井戸水を飲んだ記憶もおおいにあるため、条件はそろっている。


しかし、除菌しても不調がとれない人もいるのだという。


剣道で言えば、胴は守ってるが、面や籠手はガラアキということだ。


西洋医学は臓器や器官をバラバラに分解して、お互いに関係のないものと

する傾向がある。でも全部つながってるのだ。


ピロリ菌を除菌して、確かに胃がんや胃潰瘍のリスクは減らせるとしても

食道や、肝臓などはどうなる?がん細胞は防御されていないそっちに

行っちゃうのじゃないのか。


また一日一食で長生きできるとも限らない。少食の権威の人が平均寿命ぐらい

で逝った。この人が証明したのは「少食は平均寿命までは生きられる」という

ことで、長生きできることについては?のまま。


たらふくうまいもの食って糖尿病の人が90歳近くまで生きた例。

タバコ、酒やって100歳以上の人もうじゃうじゃいるし。これについての

説明は?のまま。


ピロリ菌にせよ、少食と寿命の関係にせよ、まだわかってないことが多い。

結局、他人の噂にすぎない。

自分の頭で考えないとダメだろうな、と思う。


私は腹減ったら食べ、減ってなかったら食べないという

シンプルな感じでいいのではないかと思う。空腹を我慢したり、

無理して食事減らすとストレスがたまる。


ダイエットだって無理してやると、反動でドカ食いして、元以上に

太るという例もある。


私は「病気=ほとんどストレス原因」説の支持者なんだよね。


自分の本心とは異なる不自然なことすると、それが抑圧、ストレスと

なって病気になると思っている。


今のところ、少食も、ピロリ菌除去も様子見。

何~んか、紅茶キノコと同じようなニオイがするもんで・・・。