五大の人生日記

日々感じたことや、思いついたこと、思い出などを
書き綴っていきます。

時代を映し出す鏡

私は西日本方言でも文が書けるのだが、いろんな地方の人が読みやすいように

できるだけ標準語にしている。西日本方言で書くと、なぜか平仮名が多くなる。

西日本方言と平仮名は相性がいいように思う。


これは「かい人21面相」の影響もあるかもしれない。


80年代半ば、グリコ森永事件というのがあり、犯人が「かい人21面相」と

名乗り、ひらがなだらけの脅迫文を報道機関に送りつけた。


「けいさつのあほどもえ」ではじまる ひらがなだらけの西日本方言

の文章。内容は社会的に許しがたいものながら、西日本方言と

ひらがなの相性の良さが妙に印象深かったのである。


犯人は脅迫文を和文タイプライターで作ったらしい。

(ワープロは70年代後半に、すでに東芝が発明していたそうだが、

まだ高価で一般に普及していなかった)


和文タイプライターは漢字を出すのが難しいみたいで、結果的に

ひらがなが多くなってしまったのだと思われる。


それより古い時代は、犯罪者は新聞や雑誌からいちいち活字を切り取って

貼り付けて脅迫文を作っていた。脅迫文はポストから投函していた。


こういうものの方が現在の視点からするとばれにくいのではないかと

思っていた。電子化された時代以降だと機種が簡単に特定されてしまう上、

IPアドレスだの、いろんな情報によって出所がわかってしまうからだ。


しかし、雑誌や新聞からの切り貼りは電子機器よりバレやすいらしい。

紙から簡単に指紋が取れる上、新聞の活字も顕微鏡レベルでは、

地域によってわずかな違いが出るそうである。


別に犯罪を推奨しているわけではないので誤解なきよう。

ただ、犯罪は時代を映し出す鏡のようなものだ、と言いたいだけである。


↓グリコ森永犯はコンビ二の防犯カメラにも映っていたのに、

結局、犯人がわからずじまいで、時効、迷宮入りとなった。


↓いっぽう似たような事件が2015年にも起こり、
犯人は逃走までしたが、こっちはすぐつかまった。


平成時代の犯罪はむちゃくちゃ陰湿・残酷か、

姑息・ヘタレか、二極化しているような気がする。


動画、画像はすぐに削除します。

想像の産物

高校生の頃、父と釣りに行った。


当時、海辺の田舎っぽい所に住んでいた。ここは都会のように

刺激的な楽しみが少なかった。地元の人の楽しみでもあり、

人とのコミュニケーションツールに釣りがあった。


親子や、同僚や、恋人、友達同士などで気軽に釣りに行くのが

この地方では珍しくなかったのである。日常茶飯事の風景であった。


いつもは堤防釣りがほとんどで、たまに渡船屋さんに

船に乗せてもらって離れ小島や、磯に運んでもらってそこで

釣りをすることもあった。


このときは珍しく船釣りだった。父が渡船屋さんでエンジン付きの

ボートを借りたのである。それで沖まで出かけた。


しかし、しばらく沖にいると、さっきまで穏やかな天気

だったのに、急に雲行きが怪しくなり、海が荒れ始めたのである。


「こりゃいかん、帰るぞ」と父はいい、ボートは海岸を目指した。

海岸がもう目の前というその時、高波がきて

あっという間にボートは横転、2人とも海に投げ出されてしまった。


ところがそこは海底に足がつく場所だった。遠浅だったせいもある

かもしれない。ひっくり返ったボートは手を添えて引くと

簡単に復元。道具類も海に投げ出されたが、すべて回収できた。


しかし、服はずぶぬれになった。秋だったので、けっこう寒かった。


父が渡船屋のおやじさんに告げると、

「大変だったなー、遠慮いらないからうちで乾かしていきなよ」

と部屋を貸してくれ、ストーブまでつけてくれた。

衣類が乾くまでそこにいた。


後年になって父は「あのときは本当に危なかった。命の危険を感じた」

と何度も言い、他人にもそのことを話していた。


しかし、私は感じ方が違っていた。

「足がつく所だったし、海岸にも近くて助けなどいくらでも呼べたから

あれは余裕で助かっていた、大したことない」と。


もし、天候の急変に気づかず、岸に戻るのが遅かったら大変なことに

なってたかもしれないが、これは次のようなたとえで示される。


銃弾が自分の身の1センチ先をかすめようが、100m先をかすめようが

当たらなければ同じである、ということなのだ。

何事もなく生活が続いていくだろう。「生きる縁がある」というのはこういう事。


1センチ先をかすめるのが怖いのは、(もし、何かの拍子で身体がずれた

ら当たっていたかもしれない)という想像が恐怖を生んでいるのだ。


危機管理は絶対に必要だが、


世の中にはこの想像が一人歩きして恐怖を無限に

膨張させてしまってる人が実に多いのである。それは、人生を

台無しにすることもあるので要注意だ。


北朝鮮のミサイルが着弾した地点は秋田沖200キロ。そして未だ本土のどこ

にも着弾していない。ミサイルの弾頭にサリンを装着した事実もない。


あーだこーだ世間で騒がれていることは全て、誰かの想像の産物だと

いうことを忘れてはならない。そして自分の中でも恐怖を感じたら

想像で膨張している部分を差し引いて考えるべきである。












大予言

ポルトガルの予言者が
5月13日に第三次世界大戦がはじまると予言している。


金正恩がミサイル(核ミサイル?)のボタンを押すのだそうだ。


丁度、5月13日で、ポルトガルのファティマという所に聖母が出現して
いろいろ予言していった事件から100年になるらしい。


こんなオカルト事件は知ってる人は少ないだろうが、私は
「ファティマ・第三の秘密」って本を80年代に読んだことがあるので
アウトラインがわかるんだよね。


著者はノンフィクションライターの五島勉さん。端的に言ってしまうと
「ノストラダムスの大予言」という本を書いた人。


「ノストラダムスの大予言」って本は70年代に売り出されて、当時、
ものすごく売れたらしい。


ユリゲラーがブームになった頃からオカルト番組は安定した人気があり、
テレビでたまに予言のスペシャル番組もやっていた。


当時は公害とか環境汚染が深刻な社会問題になっていたので、
それに関連づけられていた記憶がある。


「ファティマ第三の秘密」はそれの続編みたいな、
同系列の本ってことさ。


で、ノストラダムスの有名な人類滅亡予言------
-----1999年7の月って何かあったかというと?。


ほとんどの人は生まれてないから知らないだろうけど、
何もなかったよ。バブル崩壊後の不況って感じかな。


本当にお騒がせだったよな。


2017年5月13日もたぶん何もないと思うのだけどね。
韓国に文在寅政権が誕生して、北としては有利な状況になってるのに、
わざわざミサイルのボタン押さないだろ。


私ももうこの手のものにはだまされないから。


まあ、世の中に100%というのはないから、万が一戦争になったら
そのときはお詫びしますね。


注)微妙に当たったような、当たらなかったような?

実験用ミサイルは1日ちがいで打ち上げられた。

私の書いた、ミサイルとは戦争に発展するような本番攻撃用

のことです。