五大の人生日記

日々感じたことや、思いついたこと、思い出などを
書き綴っていきます。

懐 古 

ほとんどの人は知らないが、


昭和時代、学校給食で、ソフト麺というのが人気メニュー

だったらしい。懐かしの給食メニューでは人気第1位という

情報もある。


私はてっきり焼きそばかカレーうどんとかスパゲティとか

麺類のことを指すと長いこと信じ込んでいたのだが、

厳密には違うものであることがわかった。


給食の時、麺の入ったビニール袋が配られ、自分の机の上で

スパゲティみたいな麺を取り出して器に入れてソース?

(これも袋に入ってる?)と混ぜて食べるものらしい。


私は小学校のとき、そんな動作をした記憶が

まったくないのだ。普通に器に盛り付けされた

ものを食べていたような気がする。


ソフト麺で食べる地域は関東と東海を中心としたエリアで

全国区ということではないらしい。


私は小学校を北日本と西日本で経験しているが、

どうも北日本の一部と西日本ではソフト麺で食べない学校も多かった

ようである。私はたまたま、ソフト麺不採用地域の学校ばかり

当たってしまったということだろう。


ちなみに北日本のA市にいたときは給食のときの皿は薄黄色?か卵色を

したプラスチックの皿だったが、西日本のB市では銀色をした

アルミニウムのような質感のアルマイトの皿だった。


また、A市、B市とも瓶牛乳であったが、同年齢で東京で

紙パックの牛乳を飲んでいた人を確認済。地域差がかなりある

のだなと思った。


平成生まれの人は私の時代からすると想像を絶するような給食を

食べている。私の時代は給食は単に「給食」でしかなかったが、

今は「グルメ」になったのだ。


でも別に腹は立たない。せめて小学校の時代だけでも、うまいものを

腹いっぱい食べさせてやってほしい。将来、高齢者を支え、国難に

立ち向かい、お国のため、役立ってもらわないといけないのだから。



↓器に入っているミルクはたぶん脱脂粉乳。銀色の皿がアルマイト。

昭和20年代後半、昭和30年代ぐらいのメニューもけっこう食べている。


↓給食関連動画は1:45~

(解説)

私は小1から瓶牛乳で脱脂粉乳の経験なし。給食のとき机くっつけて班で食べる。
これは経験あり。机や椅子は二人掛けや木だけの造りではなく、動画のものとほぼ同じ。


牛乳瓶に粉を入れてコーヒー牛乳にするのとかはあったが、ミルメークなんて言葉ない。
イチゴなんかは記憶にない。ココアはあったか?そんなにレパートリーがなかったはず。イチゴ牛乳とかフルーツ牛乳は銭湯で飲めばよかったのさ。


(その他)

・物心ついたときからテレビはほぼカラー。ただし、家に古い白黒テレビもあったので、

白黒テレビはどういうものかは知っている(アンテナがついていないので画像は

めちゃ悪かった)。


・テレビのチャンネルはガチャガチャつまみを回すやつで、チャンネルは1から12まで

というのがあった。


・ハエ取り棒は知らない。ハエとりリボンならあった。


・ダイヤモンドゲーム知らない。


・冷蔵庫は電気式がすでにあった。氷製は知らない。

・扇風機もすでにあった。

・洗濯機はすでにあった。2槽式ってやつで、洗濯と脱水が分かれているもの。







中毒からの脱出

ゲームにはまったことある。


10代で、1人暮らしをはじめてからだけど


ゲーセン(ゲームセンター)が自宅近くにあったのさ。逐一、コイン(100円)

を入れてゲームする。1度行けば、100円や200円で終わるはずもなく

1日2000円ぐらい使っていたときがあった。ほとんど毎日だよ。


ほとんどの人は知らないが、当時、家庭用カセット式ビデオゲーム機

(商標名:ファミリーコンピュータ、略称:ファミコン)

というものが出まわりだした頃だったのだが。


1日2000円もゲーセンで使うなら、そっち買ったほうが安いでしょ。

購入を検討した。


今のようにどこにでも持ち運びできるコンパクトなゲーム機ではなく、


コントローラーなどがついてて、それらをテレビにつないだらテレビ

画面上でゲーセンと同じようにゲームができるというシロモノだった。


たまたま1人暮らしはじめてテレビを購入していたから

条件は整っていたわけだ。


しかし、結局購入しなかった。

-------お金気にせずゲームできるのに?

-------そう。


ちょっとまだ理性が残っていて、ゲーム中毒から抜け出したいと

思っていた。もしゲーム機を買ってしまえば、一日中いや、無限に

やると思ったからだ。もう見境がなくなるのだ。


ゲーセンでゲームすることにしておけば、お金がなくなればやめざるをえなく

なる。閉店時間だってある。お金と時間をゲームにつぎこむ危うさを

身にしみて実感することになる。自分にストッパーを課しておいたのだ。


まじで正解だったよ。どうにか抜けられたから。

何せ奨学金にまで手を出し、ゲーム代につぎこんでいたぐらいだったからね。

シャレにならない。ゲームほど時間泥棒、お金泥棒はないぜ。


ゲームで高得点とれたとしても、それは自己満足でしかない。

自分の人生において、社会において、何か役に立つ技量なのか?---何もない。

自分だけの世界。ボッチに輪をかけるだけ。


彼女いたときゲーセンでゲームやったことあるけど、

つまらなそうに見ていたのが印象的だった。


相手は毎日ゲーセンに通いつめて高得点とれる状態ではないでしょ。

すぐにゲームオーバー。面白いわけないよね。


デートというのは相手がいることなの。

一緒に楽しめるものにしないといけない。


1人でやることをいつも考えてしまうけど、それダメ。

2人でやることを考える。相手がいるってことをいつも考える。


ゲーセンだったら、UFOキャッチャーとか、モグラたたきゲーム

のほうが女性にはウケるはず。映画とかスポーツ観戦でもいいし、

コンサートや、遊園地なんかもいい。


で、この痛い経験の結果、


今でさえ、PCやスマホに、無料で楽しめるゲームアプリが付いていても

全部はずしてしまうような状況だ。


ゲーム中毒の怖さは自分が一番良く知っている。


あんまり覚●●剤なんかと変わらないと思ってるよ。

やってるときだけは辛い現実から逃げることができるけれど、

結局、人生が破壊され、無駄に浪費されるという意味において。


ある程度年齢がいってからはまったからマシだったのかも。これが

小中高ぐらいで、自宅でゲーム中毒に陥ったら?確実に引きこもり、

今以上に人生棒に振っていただろうな。








医者は病気を治せない?

今日は病院には行かなかった。医師に

「薬が身体に合ってない場合は来てください」と

いわれていたのだが・・


薬は身体に合っていない。しかしサブで使っていた民間薬と

健康食品が合っていた。しばらくこれで様子見をする。


病院に行っても、また合わない薬を出されて(どういう薬を

出すかほとんどわかる)お金の無駄になるだけだ。


医者は患者の病気を治すために診察・治療してくれる

と思っている人が多い。


違うんだよ。


医者は治すためではなく、学会のガイドラインに沿って

教科書どおりの標準治療を実行するだけなのである。


治すなら、人それぞれ体質が違うのだから、複雑なオーダーメイドに

なることもある。が、これはできないわけ。保険診療という

制約の中でできることも限られている。


この症状にはこの薬、処置とあらかじめ決められたとおりに

するだけ。対症療法ってやつ。


医師に診察されて病気が治るというということは、自分の病気が

標準治療で治るような、ありふれた、型にはまったものだったってこと。

運の問題かもしれない。


そうじゃなかったら結局治らない。そこで、民間薬や、民間療法

(怪しげなもの含む)が大活躍する。その手の業界(本やネットの情報含む)

がいつの時代も盛況なのはそのせいである。


病気は原因に強力に働きかけねば治らない。


それを医師がしないで対処療法に逃げる理由は、患者の生活を

ガラっと変えさせなければならなかったり、治療が

複雑になったり、試行錯誤しなければならなかったりするから。


面倒臭いし、結局医師もたくさんの患者を短時間で

さばいて、利益をあげないといけない商売ってこと。


病院で、いろいろ検査されて、いろんな薬飲まされて治らなかった

病気が、民間療法で治った例が、私にはいくつかある。


そこにたどり着くまで、自分の中の原因を見つめ、ずいぶん

試行錯誤した。他人まかせ、医者まかせだと絶対治らなかった。