五大の人生漂流記

日々感じたことや、思いついたこと、思い出などを
書き綴っていきます。

健康について

私は食事に気をつかわず、ほうっておくと当たり前のように

胃が不調になるので、ピロリ菌を飼ってる可能性が大だ。

井戸水を飲んだ記憶もおおいにあるため、条件はそろっている。


しかし、除菌しても不調がとれない人もいるのだという。


剣道で言えば、胴は守ってるが、面や籠手はガラアキということだ。


西洋医学は臓器や器官をバラバラに分解して、お互いに関係のないものと

する傾向がある。でも全部つながってるのだ。


ピロリ菌を除菌して、確かに胃がんや胃潰瘍のリスクは減らせるとしても

食道や、肝臓などはどうなる?がん細胞は防御されていないそっちに

行っちゃうのじゃないのか。


また一日一食で長生きできるとも限らない。少食の権威の人が平均寿命ぐらい

で逝った。この人が証明したのは「少食は平均寿命までは生きられる」という

ことで、長生きできることについては?のまま。


たらふくうまいもの食って糖尿病の人が90歳近くまで生きた例。

タバコ、酒やって100歳以上の人もうじゃうじゃいるし。これについての

説明は?のまま。


ピロリ菌にせよ、少食と寿命の関係にせよ、まだわかってないことが多い。

結局、他人の噂にすぎない。

自分の頭で考えないとダメだろうな、と思う。


私は腹減ったら食べ、減ってなかったら食べないという

シンプルな感じでいいのではないかと思う。空腹を我慢したり、

無理して食事減らすとストレスがたまる。


ダイエットだって無理してやると、反動でドカ食いして、元以上に

太るという例もある。


私は「病気=ほとんどストレス原因」説の支持者なんだよね。


自分の本心とは異なる不自然なことすると、それが抑圧、ストレスと

なって病気になると思っている。


今のところ、少食も、ピロリ菌除去も様子見。

何~んか、紅茶キノコと同じようなニオイがするもんで・・・。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。